諦めずに逃げないことの難しさ

英語の最大の弱点と言うのが日本人にとって苦手意識が高い部類であることかも知れない。
こちらについてはある程度の研究がされており、日本語と英語の音程が鍵となっている。
日本語の場合音が低く、英語の場合は音が高い
つまり何が言いたいのかと言うと音を聞き取ることができない為に英語を覚えることを難しく感じてしまう人が多いことなのだ。
日本人が最初から英語ができるのであれば海外生活に慣れた人や出身が外国の人くらいかもしれないだろう。
英語脳や英語耳を持っている人であれば英語に柔軟に対応することができるからだ。
その為英語で躓いてしまうとそこから這い上がることができる人はとても少なく、途中で断念をしてしまう人が多い。
今まで培ってきた英語の勉強も躓いてしまっただけ簡単に終わってしまうのだ。
そのくらい英語を勉強することは難易度が高いことがよく分かる。
英語をできるようになりたいと思っている人は多いが故にリスクも大きいことである。
どうすれば英語を継続して勉強ができるようになるかはまずは目標をしっかりと組み立てていくことが大切になるだろう。
目標は人によって違うが、英語を勉強するための促進に繋がることは間違いないはずだ。
目標を見失ってしまえば英語を勉強することの意味が無くなり諦めてしまうことに繋がってしまうのだ。
しかし人間なのだから辛いことは苦しく逃げたくなる。
ここで逃げるか続けるのかは自分の心次第になるのである。
諦めずに逃げないで英語を勉強する決心をしよう。